ブログ

[ 戻る ]

有意義な時間

2012-05-30 12:20:12 No Comments

昨日は、愛知中小企業家同友会の労務労働委員会主催の「人間尊重経営塾」に参加して来ました。

先週に連絡があり、「行けたら行きます。」などと云う生返事をしていたので、

その存在すらすっかり失念しておりました。

午前中の山鶴会にて、すでに充足感に満たされていたわたしに

先輩から「いつ来るの?」と云う電話があったことは、前日に記した通りですが

実はこの「塾」は、8人前後で1時間の休憩、時折の5分休憩の他は、実に約9時間にも及ぶ長丁場なのです。

ひとりの会員さんの報告約20〜30分に対して、討論が約1時間行われると云う非常に密度の濃い内容です。

わたしが初めて参加したのは、昨年の12月17日だったのですが

朝10時スタートのやはり、夜7時頃までの長丁場でした。

10時スタートの1発目の報告がわたしで、わたしの課題、経営姿勢などに対して昼の休憩まで延々2時間程

コテンパンにやっつけられた(良い意味で、です。)のを覚えています。

今回のテーマは

「なんのために経営するのか」

で、自らの生い立ちを含めて、そのひとのバックボーンを理解した上で、つまり人となりを知り

本音で話し合うと云うことです。

しかし、本当に勉強(と云う言葉は好きではないですが(^_^;)になると云うか、

ひとの報告を聴くことによって、さまざまな感情が、気づきが自分の中に渦巻きます。

5時からの参加でしたが、懇親会も楽しく、がんばろう!と云う力が生まれました。

「変わることを恐れてはいけない。」

山鶴会と、「塾」で、腹に落ちました。

また、次回も参加します。

この「人間尊重経営塾」の本質は

「ひとりのために、みんなで考えよう!」

と、云うことだと思います。



追記

会場について、レジュメを見ると参加者名簿の出欠欄に

赤塚昌也 検討中

と記されてました。

先輩は、「赤塚くん、参加になってるよ!」

と、確かに云われました(;´∀`)。。。

先輩、ありがとうございます!

Previous Entry:山鶴会
Next Entry:誕生日




カテゴリ 全て | 音楽 | 日記 | 同友会 | 仕事


Copyright © 2011 - 2020 press-okt.com