ブログ

[ 戻る ]

経営者の姿勢

2012-06-16 09:21:23 No Comments

わたしの所属する同友会では、経営者と社員はパートナーだと位置付けています。

経営者と社員が共に育つと云う意味で「共育」と書いて「きょういく」と読みます。

まあ、これ以外にも「労使見解」等と色々とあるのですが、難しくなるので今日はこの辺で。

で、最近思ったのは、一所懸命に社員研修等をしている経営者もいるのですが、それが空回りしているのではないかな?と思われる方もいます。

それは、経営者が上から目線になっていて、社員の気持ちを考えていないからなのでしょう。

自分はトップなのだと云う意識が丸見えでは、いくら社員研修をしても社員は育たず、クレームはなくならないでしょうね。

社員に学ばせてやっているのだ。

でも、おれは社長だから、関係ない。学ぶのはあなた達社員だよ!

これでは、誰も成長しません。

社員が成長しないどころか、経営者自身も成長しませんよね。

わたしも、気をつけます。

カテゴリ: 同友会






カテゴリ 全て | 音楽 | 日記 | 同友会 | 仕事


Copyright © 2011 - 2020 press-okt.com